2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.03 (Fri)

大里ミートセンターの一口ステーキ

2連続で投稿している川北です。

一口ステーキ

前回の記事から、大里ミートセンターに行ってきて、一口ステーキや餃子など2700円分購入してきました。
1万分の1ぐらいしか助けになっていませんが…。


写真は一口ステーキ。
これがめちゃくちゃ美味い!
10個入りで300円ぐらい。
1個当たり30円ぐらい。

30円以上の価値はありまくりです。

裏に細かい調理方法が書いてありますが、個人的には油をひかず、そのまま焼いて、何の味付けもせず食べるのがベストだと思ってます。
隠し味にマヨネーズを使っているので、本当に油は要りません。

豚の脂もすごくジューシーですし☆

手間いらずで、主婦大助かりです。
ぜひ一度食べてみてください。
スポンサーサイト
22:11  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.19 (Mon)

川北輝の3分じゃすまないクッキンッグ ~牡蠣の甘露煮~

テレ テッテ テレテ♪
テレ テッテ テレテ♪

どうも、川北輝ですm(_ _)m

今日の食材は、現在、津市まん中交流館にて絶賛販売中である、海童工房 魚寅の「牡蠣の甘露煮」を使いたいと思います。
かき丼 (6)

鳥羽市浦村産の牡蠣がこんなに簡単に手に入るなんて。
お値段は多少はりますが、鳥羽に行くことを考えれば安いもんですね。



さて、まずは玉ねぎを適当に切ります。

かき丼 (2)

何切りというのかわからないので、適当切りです。
ちなみに玉ねぎの量は1人分です。



次に鍋に油をひいて、玉ねぎを炒めます。

かき丼

憎しみよりも愛情を込めて炒めます。



玉ねぎが調子にノッ…じゃなくて、いい色合いになってきたら、麺つゆを少しだけ入れます。

かき丼 (8)

量は適当で、「少し入れたなぁ」という自分の気持ちに素直になって入れます。
ちなみに、ブログを書いているのは夕方ですが、これを作っているのは仕事が終わってからなので、夜中の1時ぐらいです。



さてついに「牡蠣の甘露煮」の登場です。

かき丼 (4)

何人分かわかりませんが、全部使ってみます。
宵越しの金を持たないのが江戸っ子ってもんです(江戸っ子ではありませんが)。



少しだけ水を入れて、玉ねぎと一緒に炒めます。

かき丼 (5)

なんかスゴイ色になってきましたが、このまま炒めます。



ある程度良い感じになってきたら、卵を入れます。

かき丼 (7)

卵を入れる写真は撮れなかったのですが、確か2個ぐらいいれた気がします。



だいたいできてきたので、大葉を刻みます。

かき丼 (9)

大葉は1枚使います。



大葉をそえて完成です。

かき丼 (3)

写真が暗いので、かなり夜中だということがわかってもらえるでしょうか。



ただ、これだけだと面白くないので、野菜ざく切りサルサソースをかけてみました。

かき丼 (1)

色見が鮮やか&ピリ辛になりました。

ちなみにできあがって気付いたのですが、全ての材料が1人前なのに対して、ご飯が2人前という大失敗をおかしています。


味の方はかなりおいしかったです。
(ただし川北のベロメーター基準です)

ぜひみなさんも、牡蠣の甘露煮を使った料理があれば、ブログでご紹介ください。
16:27  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.06 (Thu)

ランチパック「チキンナゲット」

ランチパック「チキンナゲット」

川北ナゲットです。

最近ハマっているパン。
それがこのランチパックの「チキンナゲット」味。

めちゃくちゃ美味いです。
ツナマヨネーズとメンチカツ以来のヒットです。

パンの中にチキンナゲットが丸ごと1個入ってます。
そして、バーベキューソースとマヨネーズソースで味付けしてあります。
チキンナゲット好きにはぜひ購入をオススメしたいと思います、


ただ心配なのは、マルヤスで10%引きで売ってたので、この辺りの客層には向かないのかもしれません。
そうすると、また食べるものがなくなります。
マルヤスは、頼むから独身の若い人向けの食べ物を売ってほしい…。


結局いつも買うものがなくて、「コンビニ」や「かまどや」や「パンドール」に行ってしまいます。
いまふと思ったんですが、これって地域に若者がいなくなる現象に作用しているかもしれませんね。
00:30  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.03 (Mon)

ブラックマヨネーズみたいな「せんとくん」

せんとくん お菓子

川北遷都です。

職場のスタッフが奈良に行ったということで、「せんとくん」のお菓子をいただきました。

見てください。
この笑顔

見てください。
この顔のブツブツ

ブラックマヨネーズを彷彿とさせます。

味はみなさんの想像通りの味です。
僕は結構この、シンプルな味が好きです。
でも、問題は味ではない!

せんとくんが描かれている。
それが大事なのです!
ブランド化ってそういうものですよね。
13:39  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.04.13 (Tue)

和麺 ベビースター わさび

ベビースター 和麺 わさび

川北です。

津市が誇る有名企業「おやつカンパニー」。
その新商品である「和麺ベビースター わさび」を食べました。

辛っ!うまっ!
うまっ!辛っ!

日本酒飲めないけど、日本酒に合いそうな味でした。

これを細かく砕いたら、わさび&塩の調味料になって、何かの料理に使えそうですね。
例えば天ぷらを付けて食べても美味いかも。

やった人いたら教えてください。


ベビースターさんと一度何かでコラボしてみたいですねぇ。
コラボしたら何味がいいんだろ?

津ぎょうざ味?
うなぎ味?
いちご大福味?

天むす味?
こんにゃく味?
海味?
森林味?


辛そうで辛くないちょっと辛いラー油味?


津市だけに、「2 」とかけて、魚系スープと肉系スープのダブルスープ味とかどうでしょう。
片方の麺には魚系、もう片方の麺には肉系の味にして2本1組になってるパターンのやつで。


もしくは、ロシアンルーレット系。

16:39  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.04.03 (Sat)

カレー三昧

カレー三昧

川北です。

昨日、マルヤスでご当地カレーフェアみたいなのをやっていたので、カレー好きの僕は結構購入してしまいました。
ただし全部安いやつですが(笑)。

自分の中ではストレス解消方法の1つとして、めっちゃ辛いものを食べて、めっちゃ汗をかいて寝る!というものがあります。
この方法は本能が理性を超えてスッキリするのでオススメです。

ただ次の日お尻が痛くなりますけど(笑)。
12:24  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.01.01 (Fri)

カラムーチョの種

1262334648-Image737.jpg
コンビニで売ってたので買ってみました。
カラムーチョの種。

意外に美味いです☆
17:30  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.14 (Mon)

宮川物産の「しいたけのり」と川村漬物の「伊勢たくあん」

1260779402-Image684.jpg
川北です。

先日のウィンターフェスタで購入した宮川物産の「しいたけのり」と川村漬物の「伊勢たくあん」。

川村漬物は、久居にある有名な漬物製造所です。

食べた感想は皆さんの想像通りウマイッ!です。
白いご飯何杯でもいけます。
ある意味エコです。
食エコ。

地元の商品だと思って食べると余計ウマイです。

また売ってたら買おうっと。
17:30  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.12.13 (Sun)

熊野の「さんま寿司」と「めばり寿司」

1260711718-Image698.jpg
川北です。

夜にセンターで仕事をしていたら、いつもお世話になっているWさんから熊野のお土産をいただきました。

さんま寿司とめばり寿司です。

いつもイロイロしてもらっているので、こちら側が何かしないといけないのですが…。
恐縮です。
ありがとうございますm(__)m


お腹が空いていたので、おいしくいただきました☆
22:42  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.12.05 (Sat)

津市産いちじくをお菓子にしてみました

川北です。

いちじく1

写真は、津市の榊原で川原田農園さんが作っている無農薬いちじくのコンポートです。
その名も「いちじくコンポート」!
わかりやすい。

中から出して切ってみると
いちじく2
こんな感じです。

甘くてとても美味しいこの「いちじくコンポート」ですが、どうやって使っていいのかわからないことってないですか?
もちろん、そのまま食べていただいてもいいですし、ヨーグルトやチョコレートにかけてもらっても美味しいです。


けれど、いちじくコンポートに限らず、地域の物産って、どう調理していいか迷うときありますよね?
そこで、いま開催中のウィンターフェスタ2009では、この「いちじくコンポート」を使ったお菓子を販売しています。


THE・商品開発!です。


パウンドケーキ
まずは、いちじくのパウンドケーキ。
ほどよいしっとり感と優しい甘さが口いっぱいに広がります。

生チョコ
次に、いちじくの生チョコ。
とろけるような舌触りとほのかの酸味が後を引きます。


パウンドケーキ1個と生チョコ3個で200円のお試しプライス!

売り切れ次第終了とさせていただきますので、お買い求めはお早めに☆


ちなみに、このイベント以外での販売は、現在のところ未定です。
12:00  |  食の話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。