2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.28 (Sat)

民事再生:津の精肉業者2社、負債28億円 /三重

毎日新聞のHPから

--------------

精肉卸業者「大里ミートセンター」(津市大里睦合町、小菅朗男代表)と、関連会社の「オーケー牧場」(同)の2社は27日、津地裁に民事再生法の適用を申し立て受理された。帝国データバンク津支店によると、負債総額は計27億9400万円。

同支店によると、同センターは80年2月創業。主に豚肉や豚肉加工品をスーパーマーケットや食品製造業者に納入し、06年6月期には売上高約34億3000万円を計上していた。しかし、外国産の輸入豚肉との競争激化などで業績が低迷。関連会社を含めた借入負担も重く、資金的な余裕を欠くなどで自力再建を断念したという。【木村文彦】


--------------

僕は大里ミートセンターで売っている「一口ステーキ」のファンなので、なんとか盛り上げたいと思ってます。
大里ミートセンター好きの皆さん。
一緒に大里ミートを盛り上げませんか?
スポンサーサイト
16:13  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.06.03 (Thu)

津市の「あいつ」がYahoo!ニュースに載りました!

たこのすけHP

川北のすけです。
載りましたね。
Yahoo!ニュースに、「たのこのすけ」こと、森田松之助が。

▼三重大生 列島縦断のリヤカー旅 得意のたこ焼きで交流を
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000011-maip-soci

知り合いが載っているのは嬉しいものですね。
めちゃめちゃ励みになります。

ちなみにYahoo!ニュースで「たこ焼き」で検索すると、北川景子に挟まれて「たこのすけ」が出てきます。
なんか笑えます(笑)。


【関連WEBサイト】
 たこのすけ日本縦断リヤカーの旅
10:05  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.01.26 (Tue)

1月31日 Coming soon

川北です。

1月31日(日)は、津市長選&津市議選ですね。

個人的には「まっ。誰がなっても一緒なんじゃねーの」って考えも否定はしません。
社会(←便利な言葉)がそう思われるだけの政治不信や文化を作ってきたのは事実ですし、1回や2回の選挙でそれが変わるとも思えません。

裸になった山々に青々と木々が生えるのに何百年かかると思ってんだって話と同じです。


けど、自分の住む地域に「愛」を持たないで未来に進もうなんて話は、甘ったれの鼻タレです。


「津市が面白くなるかどうかはこの1票にかかっている!」・・・なんて適当なことは言いません。

だけど、津市がおもしろくなるかどうかに関わるチャンスをあなたは1票しか持ってないんです。

世界でたった1つの1票です。
しかも使いどころが、この選挙でしかない。

選挙で使わなければゴミです。
その1票。
まるでエコではない。



変わる保証はどこにもない。
だけど変えるチャンスが1票だけある。

あなたの1票…それが変えるのは津市ではなく、あなた自身であるということ。
それってとっても大事なことじゃないですか?

毎日の忙しさで、道ばたに咲いている花をキレイだと思わなくなっていたら…。
最近、なぜか肩がこると思っていたら…。
市外の友達が遊びに来てもどこのお店に連れていっていいかわからないと思っていたら…。
おいしいお茶が飲みたいと思っていたら…。


そんな些細な事から、人工衛星を宇宙に飛ばすことまで。
あなたの1票が、あなたを変える!


他人事じゃなくて、津市事じゃなくて、とても純粋なあなた自身の話。
実はそれが選挙の本来の姿。
だけど誰もそれを大声で教えてくれない。


政治とは本来、1人1人が持っている大切な想いの部分。
それが様々なくだらない事情で1人1人から取り上げられてしまったのも事実。
この国、県、市に生きる一部の人たちが取り上げて、もてあそんで、腐らしてしまったのも事実。


だからもう一度だけ言わせてください。
「まっ。誰がなっても一緒なんじゃねーの」って考えは否定はしません。
むしろ正論です。


けれど、あなたには、あなた自身を変えるチャンスを1つだけ持っている。
その1つをあなたは有効に使うべきだ。



<THE・選挙>
ババーーンッ!!

1月31日公開!カミングスーーーン!!




▼ 候補者一覧 ▼

【津市長選】

岡野恵美 57 共新

 党地区副委員長[歴]山田赤十字病院看護師▽津医療生協保健師▽旧津市議▽県立公衆衛生学院

松田直久 55 無現(1)

 県道路協会長▽県市長会監事▽県国道協会長[歴]衆院議員秘書▽県議2期▽大阪産業大



【津市議選】(定数:36)

岡村武   59 会社社長     (1)無現

平岡益生  59 党津支部長    (1)公現

辻美津子  64 NPO理事    (1)無現

小野欽市  55 仏壇店役員    (1)自現

大野寛   64 農事組合理事   (1)無現

田矢修介  38 NPO理事    (1)無現

長谷川幸子 58 医療生協職員      共新

横山敦子  56 [元]県職員   (1)公現

中村勝春  60 [元]副議長   (1)無現

小菅雅司  47 団体世話人    (1)無現

岩脇圭一  31 飲食店店員       無新

藤本智子  48 党地区委員    (1)共現

福田慶一  46 [元]県議       無新

村田彰久  61 洋装店社長    (1)無現

青山昇武  41 介護施設社長      公新

川口和雄  61 旧久居市議    (1)無現

伊藤康雄  55 電気会社所長      無新

杉谷育生  63 農業       (1)無現

黒宮英二  61 [元]市教育次長    無新

前田勝彦  69 保護司      (1)無現

田中勝博  52 工務店経営    (1)無現

西山実江  55 [元]会社社長     無新

長谷川正  52 旧香良洲町議      無新

橋村清悟  61 党県役員     (1)民現

渡辺晃一  63 農業          無新

加藤美江子 55 党支部役員    (1)公現

和田甲子雄 62 党地区委員    (1)共現

川崎正次  52 電機会社員    (1)無現

豊田光治  61 党県委員     (1)共現

堀田泰司  35 飲食店経営       無新

桂三発   46 落語家         無新

山崎正行  65 [元]自衛官      無新

藤岡和美  63 旧久居市長    (1)無現

川瀬利夫  69 [元]議長    (1)無現

田村宗博  61 改良区理事長   (1)無現

岡本知順  60 住職       (1)無現

倉田寛次  61 会社員         無新

田中千福  58 [元]土地連職員    無新

岡幸男   55 菓子組合役員   (1)無現

八太正年  67 会社役員     (1)自現

鈴木雅彦  54 [元]劇団座長  (1)無現

中川利広  58 中古車販売業      無新

伊藤晴茂  58 [元]市職員      無新



今回の市議選では30代が3名、40代が5名、50代が16名、60代が19名立候補してます。

01:52  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.09.05 (Sat)

津まつり 今年の1日船長は…

20090905120608
水野裕子さんでした
12:02  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.02.27 (Fri)

四川大地震でのニュース

四川大地震があったときに、目にしたニュースです。

今日、ふと思い出したので検索してみたら、まだ残っていました。
コピー&ペーストしておきます。

僕らの手や肩にはたくさんのモノが乗っているのだと痛感させられます。

-----------

【成都(中国四川省)=福島香織】

「お母さんのことを忘れないで」。身をていして赤ちゃんを守り、冷たくなった母親の手にあった携帯電話には、最後の力を振り絞った1行の遺書が残されていた。20日の国営新華社通信が報じた。

 この母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、四つんばいになった格好で遺体で発見された。遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。

 「赤ちゃんが生きている!」。救援隊員が叫び、救出作業が再開。生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。

 救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、1行のショートメールが残っていた。「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」。子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。
15:01  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.07 (Wed)

【ニュースな話】 “逆風”の中「2010年就活」 (1/7 中日新聞)

川北です。
2009年1月7日の中日新聞から。

------<ニュース記事:ここから>--------

“逆風”の中「2010年就活」

厳しい経済状況のなか、2010年春の就職を目指す学生のための合同会社説明会「三重大学 学内企業研究会」が6日、同大講堂で始まった。

 建設や金融、情報通信などの約350社が参加。全学部の3年生と大学院1年生が、各社の担当者から採用方法や具体的な仕事の内容などを真剣な表情で聞いた。8日まで行われる。

 商社を志望する工学部の男子学生(20)は「雇用悪化のニュースを見ると心配になる。あすも参加して、できるだけ多くの企業の話を聞きたい」。食品会社を志望している生物資源学部の男子学生(21)も「意中の企業だけでなく、ふだんは出会えない企業も幅広く見ておきたい」と話していた。

(吉田優美恵)


------<ニュース記事:ここまで>--------

こういうところに実はNPO参加していません(というか呼ばれていない)。
NPOだけじゃなく、小さい商店なども参加していないでしょう。

けど、「NPOで働きたいんです」という若者は多い
本当に多いんです。最近。

そんな若者が1人でも多く働けるような環境を作っていかなければいけないと思っています。

ただ、NPOで飯を食うというのは、生半可なことでは無理です。
「非営利」で食うというのは、想像している以上に難しく、柔軟な思考と強い想い、そして周囲の理解と援助が必要となります。

特に中間支援系と呼ばれる「NPOを支援するNPO」で食っていくのは、もうそれはそれは・・・。
笑えるぐらい難しい(笑)

そんな茨の道へ裸足で突っ込んでくるぐらい素敵な大学生。
三重大にもたくさん増えるといいですね。
16:57  |  ニュースな話  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。