2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.09 (Wed)

サポーターズ・カフェで大切な3つのポイント

サポカフェ2011

川北です。
今年も始まりました「サポーターズ・カフェ」。

「サポーターズ・カフ」ェの詳細についてはこちら

サポーターズ・カフェ(以下、サポカフェ)も今年で3年目となりました。
2月7日~3月16日の期間中、津市まん中広場で販売しているコーヒーを買うと、その売上の一部が市民活動団体に寄付されます。

1杯1杯は微々たる金額かもしれませんが、集まればそれなりの活動費へと生まれ変わります。

サポカフェ2011-2

手前味噌ですが、このサポカフェの仕組みが良くできているなぁと思う3つのポイントがあります。


1つ目は、掲示してある団体のポスターがB2サイズという点です。

B2というサイズは、家庭用のプリンターではまず出力できません。
何かしら工夫をして作らなければいけないのです。
そこに団体の本気度が伺えます。

また手作りが難しい団体には、A4などで作ったデータをこちらでB2サイズに拡大して出力しました。
これにより、サポカフェ終了後も団体が使えるポスターを提供することができます。

さらに、B2というサイズは、近鉄の駅に貼ることができるサイズなんですね。
実はそこまで考えて作っているとかいないとか…。



2つ目に、誰でも簡単に寄付ができるという点です。

コーヒーを飲むだけで(細かく言うと買うだけで)、その団体に寄付ができる。
寄付窓口を設置できない団体でも、サポカフェに参加することで寄付を集めることができるんですね。

実は面白いことに、多くの寄付を受ける団体は、一般の人よりも、その団体のメンバーがコーヒーをたくさん買う傾向にあります。

これは普段、メンバーに面と向かって寄付が欲しいと言えなかったり、団体のためにお金を払ってもいいけど、そのきっかけがなかったり…という見えない欲求を解消する効果もあったりします。

この気軽さが良いですよね。



3つ目は、最も大事なことなのですが、寄付先が見えているということです。

「コーヒーの売上の一部が寄付されます。」ではなく、「コーヒーの売上の一部を好きな団体に寄付できます。」というのが、サポカフェの醍醐味ですね。

たとえNPO等に興味がなくても、この企画をきっかけに何か1つでも興味を持ってもらえるかもしれない。
その何か1つの興味というのが、とても大切なんだと思います。

現にコーヒーを飲みながら団体の掲示物を熱心に読んでいる方もみえます。
その光景が素晴らしい!


中には「シールはあんたらが貼っといてよ」と、シールをスタッフに託してくるお客さんもいます。

これはこれで良いんです。

紙コップに入った1杯200円のコーヒー。
自販機買えばもっと安いのに、それでもサポカフェで買ってくれる。

それは、「ここでコーヒーを購入すれば何かしら良いことをした」という気持ちの表れで、その方にとってのシールが「何かしらの良いこと」なのです。

よくわからないが、このシールが「何かしらの良いこと」の形なのだという意識でコーヒーを買っていただく。
それはそれで素晴らしいことじゃないですか?

それもこれも全て、寄付先を明らかにしているからだと考えています。


入り口と出口は簡単にして、中身を複雑化する。
それが今のNPOにとって大切な魅せ方であり、サポカフェはそれを忠実に再現している事業の1つなのかもしれません。
スポンサーサイト
03:17  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.06 (Sun)

「ふーどら」って知ってますか?

ふーどら

川北です。

前回の記事で書いたバスツアーが終わったあと、関係者がねぎ焼き茶屋でまったりしていたときの話。

株式会社 地域資源バンクNIUのY宮さんと喋っていると、話題は津市(又は三重)の雑誌の話に。
そのとき、Y宮さんが、「このまめやの北川さんの想いが詰まっている雑誌が、僕の教科書なんですよ」と見せてくれました。

雑誌の名前は「ふーどら」。
初めて見る雑誌です。

内容は、地産地消関連の話題が中心。
うろ覚えなんですが、A5かB5ぐらいのサイズで、表紙を合わせて32ページぐらい。
そのうち9ページが、まめやの特集。

スゴイ思い切りだなぁと。
まめやが終わってからの、まるでダイジェストのように他を紹介している感じも、スゴイ思い切りだと感じました。
もっと小出しにしないとネタに困るんじゃないかといらない心配もしてしまいました。

ただY宮くんが教科書と言ったのもよくわかります。
愛情を持って作ったんだろうなぁという丁寧さが伝わってきました。

パラパラとしか中を見ていないのですが、良い雑誌でした。
ホームページで、まめやの記事がPDFにて閲覧できるので、興味のある方はぜひ確認してみてください。


その雑誌をパラパラめくっていくと、ページの最後に知った名前が。
事務局&ライター2名が知り合いでした。

1人の方はもう何年も会っていない方なのですが、元気にしていたことが嬉しくてメールしました。
いやぁ。
ありきたりな言葉ですが、人って繋がっているなぁと実感。

みなさん。
ふーどら」を宜しくお願いします。


 残席13!会社ゲームを使った10年後も繋がる交流会
異業種・異世代交流会「じゅっつな交流会」
00:05  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.05 (Sat)

まぁ、模索中ということで

CBバスツアー四日市 当日

川北です。

今日は、コミュニティビジネス バスツアー in 四日市でした。

四日市「こらぼ屋」の海山裕之さんが仕掛けている、「結縁屋台 ねぎ焼き茶屋」→「セントラルキッチン」→「にじいろ堂 or らいふ」の順番で10時から14時まで回りました。

14時からは海山さんの講義が1時間程度。

川北の拙い雑談が15分程度。

井上淳之典さんの「黒猫タロウの屋台屋本舗」の紹介と今日1日の振り返りがあり、締めとなりました。

渋滞やイロイロな進み具合の関係で、黒猫タロウの屋台屋本舗が体験ではなく、紹介になってしまったのは残念でしたが、質の高い参加者の皆様さんのおかげで楽しく、有意義なバスツアーになったと思います。

また、今回、尽力していただいた、起業支援ネット、東海北陸CB推進協議会の皆さん、ありがとうございました。


個人的な反省点としては、最近、少しだけお話させていただく機会を与えていただくようになりました。
その点に関しては感謝なのですが、なかなか伝えたいことが伝えきれていないのではないかなぁという点は反省ですね。

僕がNPOに関わってきた9年間。
その中で感じて、気付いたことを、もっと上手く伝えられるようになっていきたいですね。

ただ僕がやってきた9年間のことは、ハデさがないのと外から見えにくいことなのでなかなか伝えるのが難しい。
たいしたことはやってきてないですが、それでも上手く伝えるのは難しいですね。

ただ、ただですよ。
偉そうだと言われるのを承知で書くと、今からの時代には必要なノウハウやスキルだと感じています。

組織の中で、どうやって若者をやる気にさせ、成長できる場をつくるか。
「いま叱られている」という意識をどうやって持ってもらい、そこからどのように仕事に繋げていくか。
信頼されるリーダーになるために何をすべきか。

というところなら、少~しだけ、体験談を交えて話せるのかもしれません。
いや、話せないかもしれません。

まぁ、模索中ということで、焦らず熟成していきます。


 残席13!会社ゲームを使った10年後も繋がる交流会
異業種・異世代交流会「じゅっつな交流会」

23:24  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.04 (Fri)

「ゴメンナサイ」じゃなくて「ありがとう」

弁当

川北です。

今日は、名古屋で「市民バンク」「ファンド」「中間支援」をキーワードにしたワークショップに参加しました。
ファンドや金融には明るくないのですが、大変勉強になる有意義なワークショップでした。

声をかけていただいた木村さんに感謝。


またワークショップ終了後は、急いで津に帰り明日のバスツアーの準備です。
たいした準備ではないのですが、資料作りがギリギリになってしまったため、印刷して現地へ持っていく必要があるので、どうしても今日中に作成&印刷をしておく必要がありました。

なんとか間に合ってホッと一安心です。


また、今日はコミュニティレストラン「O+」のシェフに、当センターの男性スタッフ3人でチームされている「航海亭」が入っていました。

この航海亭のことを書くと若干長くなるので簡単に説明すると、コミュニティレストラン「O+」のコーディネーター2人と、津市市民活動センターの学生アルバイトスタッフ1人の計3人で構成されています。

普段入っている主婦の方と比べると、料理の腕は…なのですが、彼らが入ると必ず完売します。
今日は20分ぐらいで20食が完売したそうです。

理由はいくつかあるのですが、それはまた別の機会に書きます。


そんな彼らが、夜、名古屋からセンターに帰ってきた僕にお弁当をくれました。
彼らが今日、お客さんに提供したランチの一部を持って帰ってきてくれたそうです。

「航海亭」の名付け親なのでという理由でプレゼントしてくれたらしいのですが、おそらく別の理由があると思います。

給料アップか…。
休みがほしいか…。

というのは嘘です。


津市NPOサポートセンターのシェフチームは2つあります。
1つが前述した航海亭。
もう1つが女性ばかりでチームしたBaby Cookです。

実は、スタッフがシェフに入ると、コーディネーターにもスタッフが入るので、市民活動センターやまん中交流館などの施設管理がスカスカになってしまいます。

そういう時は大抵、川北が施設管理に入ってカバーします。
なので僕は、スタッフがシェフのとき、ほとんどランチを食べに行けません。


そういう部分を汲み取ってくれての今日の弁当なんだろうなぁと思います。

もしそうであるなら、本当に嬉しいですね。
めちゃくちゃ感謝です。


誰かのために動いた時に、回りまわって自分のためになる。
そんな“当たり前”が通じなくて、理論的に喋るのがカッコ良くて、感情的に喋るのがカッコ悪いと思われている今の時代。

でも人間の根本ってもっとシンプルなんだと思います。

誰かに「ありがとう」と言ってほしくて、何かをする。
結局、僕もあなたも皆さんも、誰かの為に動くことが、自分のためになる。


「迷惑かけてゴメンナサイ」と言われたくて助けるわけじゃない。
「助けてくれてありがとう」と言われたくて支えるんじゃないですか?

理論的に喋るか、感情的に喋るかは、「伝えるツール」として使い分ければいい。

大切なのは「ありがとう」と言ってもらえるような動き方をすること。


そんなわけで、ありがとう!



 残席14!会社ゲームを使った10年後も繋がる交流会
異業種・異世代交流会「じゅっつな交流会」
23:56  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.02.03 (Thu)

コミュニティビジネス現場見学バスツアーin四日市

20110203151547167_0001.jpg 20110203151547167_0002.jpg

川北です。
2月5日(土)に「現場見学バスツアーin四日市」に参加してきます。

この企画は、東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会が主催していて、様々なコミュニティビジネス・ソーシャルビジネスに関わる場所をバスで巡るという、NPOで働く人が一度は参加しておきたい内容です。

今回の場所は四日市。

四日市と言えば、コミュニティレストラン「O+」でも導入しているワンデイシェフ・システムの生みの親「こらぼ屋」があるところですね。

ということで、このバスツアーでは、こらぼ屋の代表である海山裕之さんが手がけている仕組みを見て、話を聞いて、いろいろと勉強しようという部分がメインとなっています。

バスで移動するのは、
 ・こらぼ屋のセントラルキッチン
 ・結縁屋台☆ねぎやき茶屋
 ・ワンデイシェフレストランの「らいふ」と「にじいろ堂」
です。


また、ツアーの中では、寺子屋プロジェクトの井上淳之典さんによる「黒猫タロウの屋台屋本舗」を使ったワークと気づきの共有もあります。

この内容で6,000円は、結構安いのではないでしょうか。
6,000円を投資と考えられるかどうかは皆さん次第ですね。

投資と考えられる人がいる地域はきっと幸せですね


あっ。
余談ですが、僕も少しだけ喋らせていただきます。
本当にオマケ程度ですが。



 残席15!会社ゲームを使った10年後も繋がる交流会
異業種・異世代交流会「じゅっつな交流会」
17:44  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.02 (Wed)

【2月20日~3月3日】 にぎわいスイーツプラザ オープン

スイーツプラザ

川北です。

寝不足ですが、まだ起きてます。
このブログ書いたら爆睡して、また朝から仕事しますよ

さて。先日「チラシづくりな一日」という記事を書きましたが、作ったチラシが、画像のものです。

今年32歳になるオッサンが甘~いチラシを作りました。

今月、2月20日(日)~3月3日(木)の期間、なんと、大門商店街で…日替わりのスイーツカフェがオープンします

おめでとうございます。
ありがとうございます。

昨日、2月は吐血月間と言っていましたが、その1つがコレですね。

津・大門のおひなさん」開催期間中に、大門商店街内にあるオーデンビル「にぎわいプラザ」にて、日替わりオーナー(シェフ)が提供するスイーツカフェをオープンします。

その名も「にぎわいスイーツプラザ」

このお店はとってもシンプルです。
ルールは次の3つ。

【1】期間中、お店のオーナー(スイーツを作る人)は日替わりとなります。
【2】メニューは、その日限定の特製オリジナルスイーツとドリンクのセット(500円)のみとなります。
【3】数量限定ですので、売り切れ次第ドリンクのみの提供となります。

どうですか?
わかりやすいですよね。


あれ?このシステムどこかで…。
と思った方はビンゴです。

そう。
コミュニティレストランO+のノウハウを活かした企画です。
いや、ノウハウだけじゃないですね。
チラシに書いてある屋号を見て、ピンときた方は、O+通です。

ノウハウだけじゃなくて、実際オーナーとして入っていただく方の中には、コミュニティレストランO+のシェフさんもみえます。

オープンは10時~16時。
同会場では、「津・大門のおひなさん」のメイン会場になっているので、体験教室や手作り品の販売もあるそうです。
また、ドリンクは単品提供していますので、甘いものが苦手な人でも一息つきにきてくださいね。


あっ。
ちなみに期間中は毎日、津市NPOサポートセンターのスタッフが会場にいますので、知っている顔がいたら声かけてあげてくださいね。



会社ゲームを使った10年後も繋がる交流会
異業種・異世代交流会「じゅっつな交流会」
02:48  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.01 (Tue)

断る勇気

川北です。

ついに2月に入りましたね。
1月頃に順当にいけば、来月は2月だなぁと考えていましたが、何事もなく普通に2月がやってきましたね。


3月は決算を控えているので、比較的大きな企画はいれないよう努力しているんですが、2月は…やっちゃった感がありますね。
ちょっと入れ過ぎましたね。

というか、受け過ぎました。


職場の自主事業はたいした数ないのですが(それでも大きなものがいくつかありますが)、外からのお話がね。
ありがたいことに多いですね。
ただ、本気でお金にはなりません(笑)

それで1つ1つの事業の質を落としていたら世話ないですよね。
(落ちるかどうかは今からですが)


NPOなので、お金にはならなくとも、それがミッションのためであればもちろん動きます。
僕らの動きで地域や市民活動を支えられたら、それは本当に嬉しいことです。

ただ、外から依頼があった事業って本当にお金にならないのに、すごいプレッシャーだけかけられたりしますよね。
「え?この依頼内容で、そこまで言われないとダメ?」って言うぐらいに。
こっちは人件費払って、本来事業の時間まで削ってやってんのに。
みたいなね。


赤字を通りこして赤血(あかぢ)ですよ。
今年の2月は本当に吐血月間です。

忙しい月 = 吐血月間

僕の今年の目標ができました。
断る勇気」ですね。

外からの依頼も、組織内部に関しても、プライベートも必要に応じて「断る勇気」を持ちたいと思います。

ただ、なんでもかんでも断って、自分のやりたいことだけをやっているとバカだと思われてしまうので、そこだけは気をつけたいですね。

ん~。
断るって難しい。
09:32  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。