2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.15 (Mon)

「NPO基盤強化事業」の申請に関する考え

川北です。
さっき仕事終わりに竹を4本とってきました(もちろんちゃんと了承を得て)。


さて、現在、三重県男女共同参画・NPONPOグループが、NPOの基盤強化に関する事業の募集を行っています。

内容を簡単に説明すると、NPO団体(法人格の有無は問わない。住民自治組織や社会福祉法人も申請可)が、新規事業を展開し、基盤強化するために人を雇用する場合、その人件費をだしますよ~ってことです。

審査方法は書類&プレゼンです。

実はコレ。
三重県のNPOとしては、今すごく興味深い内容の1つになっています。

なぜなら新規雇用しなければいけないとはいえ、人件費を全額持ってもらえるというのは、今までなかった話ですし、年度契約とはいえ最大3年間の補助を受けられるわけです。
もちろん3年後に自立しなければいけないのですが、それは今までの助成金や委託金も同じでしたし、今さらどうこう言うことではありません。


注目すべきは100%人件費に使えるという点です。


以前にも少し触れましたが、団体の中にその仕事を本職とする人が1人いるといないとでは、天と地ほど差があります。
3年間という期間は長いわけではありませんが、それでも基盤強化を図るには納得のいく時間かもしれません。

今回の申請のポイントはいくつかありますが、「3年後にNPOとして自立できるモデルになっているかどうか」は、1つの大きなポイントではないかと考えています。

考え方としては、まず自分の団体のミッションと武器を明確にします。
このとき、ミッションを図式化すると、後々使えるかもしれません。

次に、「現状の課題」と「理想とする未来」を考え、その両者の間に生まれるギャップが解決すべき事柄になります。
その解決策を示すとともに、必要な人材を選出し、継続的に解決できるための収益モデル案を作ります(あくまで案なので、最初は難しく考えない方がいいです)。

最後にそれを紙面の制限がある中で、何も知らない人にビビビッと伝わりやすい言葉で書類に落としていきます。
このとき、図式やグラフなど、視覚的な要素や数値的要素があると説得力があがります。

また、「他ではない、うちだけ」のようなオンリーワン要素は、強い武器になると思います。

審査にプレゼンがあるとは言え、今回の助成、書類作成の比重を重くした方がベターだと思います。

スポンサーサイト

タグ : NPO 基盤強化 三重県 助成金

01:11  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

進行状況・・

いつもご指導ありがとうございます。
ブログの内容、非常に参考になりました。
現在、いわゆる示せる数値的要素を確認しつつ・・
いろんな方面を説得しつつ・・という進行状況です。
本格的に書類作成にとりかかれるとすれば・・
21日以降。
それまでに草案は作成しようと思いますが・・
またお世話かけますがよろしくお願いいたします。
エネルギー・・メッチャ使います(笑)
M田 |  2009.06.16(火) 04:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/133-47bbd1de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。