2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.26 (Fri)

NPOで働く若者の給料とやりがいについて

川北です。
書類づくりや相談業務などで日々、忙殺されていますが、まだまだ元気です。
そういや今月中に作らないといけない企画書がまだ残っていたような気がします。

今日初めてのご飯を夕方食べながらネットサーフィンしていたら面白い記事をみつけました。

【 NPO法人で働く若者 低賃金でも楽しい 給与、労働条件…厳しい側面も  】

上の記事にいろいろと興味深いことが書いてありました。
2008年9月の記事なので、まだデータ的には新しいですね。

第一生命研究所の調査で、NPOで働く20~39歳の男女313人に聞いたところ、8割がNPO活動を通じて収入を得ているとのこと。
この結果ってどう思いますか?

僕は意外に多いなぁという印象があるのですか、みなさんどうでしょう?


また、無給を含めた平均年収が160万円で、年収300万円未満の人が3分の2を占めているそうです。
この結果はどうでしょう?
妥当な数字ですよね。
企業や行政の人からみたら、驚く数字かもしれませんが、NPOならまぁそんなとこでしょう。

こういう年収の話になると行政の人って必ず「少ないですねぇ」と驚くのですが、普通に部長クラス1人の年収ぐらいの金額で、1年間管理業務任せるような委託をNPOに平気で出していたりしますからね。
その金銭感覚のが驚きです。


ちなみに、金額だけで言えば、年収300万未満は少ないです。
僕の年収もそんなにありませんが、NPOとして、地域や社会を良くするプロとして、もっと給料を得るべきだと考えています。
そのためには、様々なハードルがありますが、それを飛んだり薙ぎ倒したりしながら、じっくり収入を上げていって、より良い地域づくりや人材育成、自分への投資をしたいものですよね。


しかし給料は安いが、仕事への満足度が高いのはNPOならではだと思います。
それにしても「仕事内容がおもしろい」が91.7%ってのは高すぎますけどね^^;

仕事内容がおもしろくなくて、給料が安ければ、みんな辞めてますから、上記の結果は当然と言えば当然なのでしょう。
スポンサーサイト
18:38  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/136-25137261

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。