2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.19 (Thu)

【N飯1】 NPOで飯を食うために必要なこと

川北です。

朝起きて思いついたことをブログへ書く【朝ブロ】に続き、シリーズ化できたらいいなと思う【N飯】。
これは、「NPOで飯を食うために…」の略です。

最後の「…」がポイントですねザク

あっ。
絵文字の使い方は下手なので気にしないでください。

さて、「津のこと」とほぼ同時期に始まったこのブログ。
長い月日をかけてようやくそれぽい内容を書く日がきました。


このシリーズでは、まだまだ未熟で思慮の浅い私ですが、すこしでも自分の知識や経験が、同じ志を持つ方のためになればなぁと思って、「NPOで飯を食うために…」をテーマに何か書く。
そんなシリーズです。



ちなみに川北は三重県津市という地方でわちゃわちゃひゃっほぅしていますので、大都会の人とはタイムラグが生じたり、物の価値観がズレたりします。

また、NPOでご飯を食べていくための視点で書いているので、「えっ?それってちょっと違うんじゃない」的な部分も出てくると思いますが、ご了承ください。



さてさて。

1つの地域があるとします。
その地域で、お金になりそうな部分には企業のサービスが浸透しているとします。
また、お金にはなりそうではないが、大多数の人が求めている部分には、行政のサービスが浸透しているとします。

で、現時点ではお金にはなりにくく、サービスを求めている人も多くない部分があります。
それこそNPOがサービスを提供している部分なんです。

一時期、インフルエンザのように「NPO = ニッチ(隙間)産業」という言葉が流行りました。
企業や行政ではできないサービスを提供することが、NPOの喜びの様な…。
そんな時もありました。


その志って、食っていけますか?


ニーズには、3種類あります。

 ・目に見えて解決する必要があるもの。
 ・今はまだ見えてないが、今後問題が起こってくるであろうもの。
 ・今は上手くいっているが、手を加えることでもっと上手くいくもの。


NPOとして飯を食うのなら、忘れちゃいけないことがあります。

儲かるか儲からないか。
ニーズが多いか少ないか。
企業や行政に勝るか劣るか。


そんなことはクソでいいです。


大切なのは、自分が(または自分の所属している組織が)、顧客や地域、そして自分自身のために継続してニーズを解決していけるかどうか。
そのニーズ解決によって、そこに住む人々の心と笑顔にちゃんと答えられているかどうか。

それが大切なんです。


いきなり、青臭くて飯が食えそうにないようなこと言っていますが、現時点で、この部分が大事だと思ったので書いてみました。



何かと比較してニッチだビッチだと言うのではなく、そこに住む人々や地域にとって必要だと思ったら利益を優先せずに活動していく。
活動したその場所がニッチであれば、それは隙間ではなく、未来への種だという考え方の方が相応しいと思います。


実った果物だけをもぎ取り続けるから、食糧がなくなる。
誰かが種や苗から育てなきゃダメだろ。
そういう当たり前の青臭いことをNPOは恥ずかしがらずにガンガン言っていってほしい。
綺麗事を言わなくなったら、この世界は汚すぎるだろう。

pikachumini


NPOで飯を食うために必要な考え方だと思っています。
打算的ではなく、純粋に。

NPOは支援・応援してもらってこそ存在できる組織だと思います。
だからこそ、基本は真っすぐで、適度に道草を食う。
自分たちのやっていることが必ず未来に繋がる。

しかし、驕らず謙虚に!

そういう志が根本に必要だと感じています。
スポンサーサイト
19:33  |  【N飯】  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/188-cafecc94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。