2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.17 (Sat)

ふるさと新聞で紹介していただきました

川北新聞です。

先日、市役所の方や他の方からの紹介もあり、ふるさと新聞の一面に載せていただきました。
ありがとうございます。
そして、本当にお恥ずかしい限りです。

まだまだ力量もないのに偉そうなことを口走ってしまってすみません

いろいろな方から声もかけてもらいましたし、中には「いつも川北君が言っていることとブレてるんじゃない?」と指摘も受けましたが、芯はブレていないつもりですし、そのように書いていただいてたと思います。


基本は人材育成です。
自分が育成できているかどうかとか、「育成」なんておこがましいとか、そういうことではなくて、地域のために、未来のために次の世代を育てていくという姿勢が大切だと思っています。


NPOの方の相談を受けている中でお金に次いで多いのが「若い人がなかなか入ってきてくれない」という意見です。
そこでいつも「若い人に入ってきてもらうように何かされましたか?」と尋ねると、95%ぐらいの確率で「何もしてないので、どうやったら若い人が入ってくるか教えてほしい」と返ってきます。


正直、そんな万能な方法は、なかなか見つかりません。


地道に種を捲き続けないと次には繋がりませんから。


若い人が集まらない理由はいくつかあります(今日は書きませんが)。
ただどれも次の世代への繋がりを、きっとどこかでぶった切っている可能性が高いです。


じゃあ企業や行政には若い人が集まるのか?
集まります。
「金」や「安定」や「企業や行政に就職するのが普通という感覚」等がありますから。

もちろん仕事内容が素晴らしい企業もたくさんありますので、その仕事内容に惚れて集まる若者もたくさんいますし、PRや人材育成が上手い企業もたくさんあります。


何か書いている途中に思い出してきたんですが、これと似たようなことを津市NPOサポートセンターのブログ(仮)に書いた気がしてきたんで、この話はここまでにしておきましょう。
そうしましょう。


まぁ、何はともあれ、皆様に支えていただいたお陰でこうやって新聞に取り上げていただくことができました。
ありがとうございます。

「地域」と「人」はイコールではないですが、人が集まって「文化」が起こり、「まち」が作られ、「国」が形成されるなら、やはり人材育成にどれだけ時間と労力を割けるかが、そのまま地域の地盤の強さになってくるんじゃないかなぁと思います。
スポンサーサイト
19:22  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/368-b0538d4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。