2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.16 (Mon)

「結縁屋台 ねぎやき茶屋」にて



土曜日に体調を崩しつつも出勤。
昨日は炎天下の中「かんこ踊り」の撮影+9時間美里に滞在。

今日は朝からインターンの対応をし、15時からは会議、19時からは四日市で打ち合わせ。

こんな時間に三重大前のマックで晩御飯をすませ、明日・明後日は中高生のファシリテーターで四日市にて泊まり。

これからNPOで働こうとしている若者へ。

これはとても悪い見本だから絶対マネしないように。
絶対に・・・。


ということで、今日は四日市にある「結縁屋台 ねぎやき茶屋」で、井上淳之典さん、海山裕之さんと打ち合わせをしてきました。

海山さんには、ねぎやきをごちそうしていただき、井上さんからは仕事で勉強になりそうなDVDをいただきました。

お2人には昔から本当に良くしてもらっています。
ありがとうございます。

で、今日は、お互いの近況報告と、東海北陸CB推進協議会 三重部会の今後の進め方について話をしました。


結論から言うと、三重部会の方はこれから徐々に動けそうな感じです。
ただ、まだ意見を出し合っただけなので、今後少しずつ話を詰めていきたいところです。

それよりも近況報告の方がおもしろかったですね。

やっぱり施設を管理してしまうと身軽さがなくなってしまうなぁと痛感。
2人のフットワークの軽さを見習わねばと思いました。


また、1つ1つの出会いをどれだけ大切にできるかも重要だと思いました。

もちろん「ん~」という出会いもあるのですが、誰かと出会った時に、何気なく出会うのではなくて、どこか「感動ポイント」を作って出会うことができたら、それは記憶に残り、次に繋がるのだなぁと勉強になりました。

お2人は地でそれをやっているので、スゴイなぁと。


で、タイトルの「結縁屋台 ねぎやき茶屋」ですが、これは海山さんがやっているワンデイサロンの一貫です。
(ワンデイサロンの細かい説明はできないので悪しからず)

おいしい ねぎやきを売っているお店なのですが、人と人が繋がるコミュニティカフェの要素を含んでいるのは当然のこと、障がい者の雇用の場になっているのがこの茶屋です。

四日市工業高校の真裏にありますので、ぜひ一度訪れてみてください。

ちなみに読み方は結縁(ゆえん)屋台です。

あなたがねぎやきを1枚購入すると、障がい者の雇用が拡充されるかもしれない!
大袈裟なようで、大袈裟ではない計画を今日は聞かせていただきました。

井上さんからも北海道のビッグなNPOのことを教えてもらいました。

130人雇用していて、年間予算が3億5千万円。
スゴクないですか?

目標は高いほど高く飛べる。

自分はどんな翼で飛ぶかわかりませんが、太陽に燃やされないようにだけしておきます。
スポンサーサイト
23:35  |  NPOな日々  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/389-816e553a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。