2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.03 (Sun)

着眼点は途中でもなく、終わりでもなく、さらにその後。

どうも、川北です。

今から書くことは、ふと思い出したので書くぐらいで、深い意味はありません。

昔…というか、今でもある話ですが、行政や議員の方が県外に視察に行きますよね。
で、視察した時に、その土地に泊まって酒飲んだりして騒ぐことがありますよね。

それを税金の無駄遣いだと言って、日帰りで行ける範囲はなるべく日帰りで行くような話がありましたよね(いまでもあるのかな)。


もし、それが税金の無駄遣いだと言うのなら、着眼点がもったいない!
そんな途中で着眼したらもったいないです。


成功した企画とは、必ずその土地の生活文化の上に成り立っているわけです

ってことは、視察に行って寝泊まりして、宴会して、その土地の美味いものを食ってくるのは悪いことじゃない。
乱暴の言い方をしてしまえば、むしろ良いこと。

実際、富山のフォーラムに参加したときも、自腹で泊まりましたが、泊まって良かったと思いました。
富山と三重の差が少しだけですが垣間見えました。


逆に県外へ視察に行って、日帰りで帰ってきて、机上の空論をブンブン振り回されている方が性質が悪い。
それこそ税金の無駄遣いです。


で、今日言いたいことはそこではなくて、視察に行ったあとの話。


一番大事なのは視察に行った価値をどう地域に還元するかということ。
どこかの事例をサルマネして、地域を混乱させることが目的ではないということ。

視察に行くことが目的なのではなく、何かしらの目的を達成するために、1つの手段として視察にいくわけなので、当然一定の結果が出てくるのがスジとなります。
成功しても失敗しても結果は出てきます。

そのスジを行政や市議さんたちはどう通せるのか?というところに、市民の方はもっと注目した方がいいと思っています。
でないと、ただ言いっぱなしの議員が増えるし、やりっぱなしの行政人が増える。


税金の無駄遣いだったかどうかの判断は結果を見てからでも遅くはないので、ちゃんと結果を見るようにしましょうね。
見られるという点ではNPOも一緒なので、僕らも気を引き締めてがんばらなければいけませんね。


これは行政人や市議さんにとってのチャンスです。
失敗しても成功しても、ちゃんと結果を示せる市議。
ちゃんと効果を測定できる行政人。

めっちゃステキじゃないですか?
スポンサーサイト
20:54  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

そうですねぇ、いいかげんな視察、中途半端な視察、御為ごかしの視察、付和雷同的な視察、予算消化のための視察、単なるお付き合いにすぎない視察・・・etc.いっぱい出て来てしまいましたが、結構蔓延しているような気がします。

そういう視察をやめさせ、中味のある視察をしてそれをちゃんと活かす(→税金を有効活用する)ためにはどうしたらいいか・・・そのことに特化し、それをきちんとガイドできるようになったら、もしかするとこれだけで1つの仕事として成り立つかもしれませんね。
terakoyaman |  2010.10.06(水) 09:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wachakan.blog115.fc2.com/tb.php/415-788ba815

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。